ビットコインキャッシュとは?

 

ビットコインは時価総額1位の仮想通貨になりますが、

ニットコインキャッシュとはそのビットコインが分裂して8月に生まれた

仮想通貨になります。

 

分裂という言葉は聞きなれないかもしれないですが、

ビットコインは今までの取引を情報を持った状態(台帳)が分岐することが

出てくることがあります。

 

詳しくはコチラ

 

大きく違うのはビットコインは処理できるスピードが

10分に一定の割合で決められていました。

 

成長スピードの抑制やサイバー攻撃からの安全策でしたが、

ビットコインキャッシュは短時間でより多くの取引が出来るように

なっています。

 

ビットコイン派は慎重なイメージで、ビットコインキャッシュ派はイケイケな

イメージだと米GizmodoのRhett Jones記者は伝えています。

 

 

ビットコインキャッシュの価格・相場

 

8月1日に誕生したビットコインキャッシュですが、

19日には韓国の取引の増加から1BTH=0.244BTCほどになりました。

 

10月にはビットコインへの資金が増えたために価格が下がったが、

11月9日にはビットコインの下落してビットコインキャッシュは高騰。

 

12日は一時的にイーサリアムを抜いたが、14日には下落。

 

この高騰はビットコインが不安視されているスケーラビリティと手数料の

問題が先延ばしにされたことによるものが大きかったようです。

 

その後の下落に関しては利益確定での売りが進んだこともあるが、

大きい要因は韓国の取引所がビットコインキャッシュの多くを保有した状態で

取引プラットフォームが取引過多で停止をしてしまったことが大きいようです。

 

 

ビットコインキャッシュ上場について

 

12月20日ビットコインキャッシュは価格が急騰したのには、

アメリカの仮想通貨プラットフォームcoinbaseが運営している

 

取引所のGDAXでビットコインキャッシュが上場したことも

大きな理由の1つのようです。

 

GDAXは仮想通貨取引所の中でもかなり取引高が多く、

世界トップクラスの取引所の為に上場は大きな影響があった

ように思います。

 

もう1つはBitcoin.comの創業者が保有していたビットコインを

全て売却をして、ビットコインキャッシュを購入したことも

の大きな要因の1つだと言われています。

 

ビットコインを売却した理由として、

手数料の高さや送金スピードが遅いこと、取り扱える店が少ない

ことによるものだそうです。

 

 

ビットコインキャッシュ取引所おすすめは?

 

ビットコインキャッシュを買うなら、

大手の取引所3社のビットフライヤー・コインチェック・ザイフを

まずはおすすめさせて頂きたいと思います。

 

その3社も違いがありますので、

どれぐらい違いがあるのかを知ることで取引所を決めやすくなると

思います。

 

■手数料

ビットフライヤー  無料

コインチェック   無料

ザイフ       Maker手数料(指値注文)変動、Taker手数料(成行注文)変動

 

■BCH送金手数料

※送金に手数料はかかりますが、受け取りにはかかりません

 

ビットフライヤー  無料

コインチェック   0.001BCH

ザイフ       0.001BCH

 

 

■日本円出金手数料

ビットフライヤー 216円~756円

コインチェック  400円~756円

ザイフ      350円~756円

 

■取引所の特徴

取引所の特徴の前にセキュリティを取引所に任せてしまうのでなく、

『ウォレット』に移すことが安全だと言われています。

 

その中でも特にオフライン上で保管する『コールドウォレット』が

オススメと言われています。

 

利便性はありませんが、

長期保有を考えられている場合には一番安全な保管方法になります。

 

●ビットフライヤー

国内最大の取引所で、資本金や取扱量は日本で一番になります。

テレビCMもしているので馴染みはあるかもしれませんね。

 

詳しくはコチラ

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

●コインチェック

仮想通貨の取り扱っている種類が多いのが特徴で、ビットコインを含めた

13種類の仮想通貨を購入することが出来ます。

 

テレビCMで出川哲朗さんが出演されているので覚えている方が多いかも

しれませんね。

 

詳しくはコチラ

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

 

●ザイフ

取引所の中で様々なサービスを展開していて、その一つにアイドル×仮想通貨

なるものがあります。

 

 

今回紹介させて頂いた取引所は一部になるのですが、

各取引所ごとにサービスがお伝えしたように異なってきます。

 

オススメ取引所に登録をしてから自分に合う取引所を見つけて

いって下さい。

ビットコインキャッシュの買い方

 

ビットコインキャッシュの取引所でオススメをお伝えしましたが、

一番オススメな方法は3つの取引所の価格を把握した後に

 

必要な手数料を考えてから購入することが一番安く購入することが

出来る可能性があります。

 

アカウントを作って頂くと販売所と取引所と大きく分けて、

2種類の方法でビットコインキャッシュを買うことが出来ます。

 

ここでオススメなのが取引所で買うことで、

販売所に比べて安く購入することが出来ますので価格をチェックせずに

販売所で購入しないようにしましょう。

 

ビットフライヤーはビットフライヤーライトニングからビットコインキャッシュを

購入することが出来るのですが、

日本円から直接購入することが出来なくてビットコインからの購入になります。

 

ザイフはザイフエクスチェンジから日本円から直接購入することが出来ます。

 

手数料が変動することがありますので、注意して買うようにしましょう。

 

 

ビットコインキャッシュ今後や将来性

 

■ビットコインキャッシュ今後について

 

ビットコインからブロックサイズの問題があって、

生まれたビットコインキャッシュはビットコインのブロックサイズに比べて

8倍になっています。

 

さらにビットコインキャッシュ開発者は『より安定、スケールがよく、低コストで

成長できる通貨を目指す』として2018年に2つのハードフォークが計画されています。

 

※ハードフォークは簡単に言えばビットコインからビットコインキャッシュがうまれた事。

 

 

■ビットコインキャッシュ将来性①

 

ビットコインキャッシュの今後についてビットコインが引き合いに出てきますが、

Bitcoin.comの創業者がビットコインキャッシュを購入した理由でビットコインは

『送金手数料が高い』『送金が遅い』という理由がありました。

 

ビットコインキャッシュは前述したようにブロックサイズが大きいために、

送金手数料が100円以下に対してビットコインは1000円~2000円ほどかかります。

 

さらにBitcoin.comがビットコインキャッシュのデビットコードを発行し、

カードブランドはVISAのために日常生活で使える利便性があります。

 

 

■ビットコインキャッシュ将来性②

 

ビットコインクラシックの開発グループは2018年5月までにビットコインキャッシュが

正式なビットコインになるとして、ビットコインクラシックの開発を停止すると

しています。

 

更にbitcoin.comのCEOロジャー・バー氏は一番利便性の高いコインが

一番使われるコインとなるとしています。

 

一番使われるコインがトップになるとして、ビットコインキャッシュの方が

ビットコインよりも利便性が高いと述べています。

 

僕は本業でアパレル販売員をしていて、将来に不安しか感じなかったので、

副業でYouTubeを使ったビジネスで本業以上に稼ぐ事が出来るようになりました。

YouTubeビジネスは顔出し・声出し無しで全然いけるビジネスになりますので、

副業でも安心して取り組んでもらえます。

学んでいく事で稼げるようになりましたが、僕は全く特別でもないですし、

要領はむちゃくちゃ悪いタイプです。

どんな人でも稼げるので、学んで、実践して稼いでいきましょう、

僕が副業月72万円を達成した過程を下記の記事で公開しています。

副業で月72万円を稼げるようになったタマゴの過程