こんにちは、タマゴです。

 

今回はニュースを見て思ったことを書いていきます。ちなみにニュースはコチラ

 

内容は地元のすし屋が、高級店やチェーン店のあおりを受けてなくなっていくというものでした。

 

とあるおすし屋さんは10年間価格を変えずに、昼の握りセットは800円で、夜は飲み物代を入れて一組5000円ほどだそうで、値段的に安いなと思いました。

 

僕は一皿100円のチェーン店でも10皿以上食べてしまうので、そのようなおすし屋さんの方が経済的ですね。

 

それでも、初めてのお店って行きにくいしアウェーだなと感じてしまうことが、チェーン店や有名店に足が向いてしまう理由の1つにはなると思います。

 

新しい店に行くのって、どうしてもハードルを感じてしまいます。

 

お店の人の愛想が悪かったらどうしようとか、味があんまりだったら嫌だなとか。

 

そういう部分もあって、リスクを冒すくらいなら安全パイを選ぶみたいな考え方もあるのかなと思います。

 

人間は損をしたくない生き物ですよね、だから株やFXで損切を出来ない人が多い。

 

嫁と二人なら、そのようなおすし屋さんに行こうかなと思うのですが、娘がいるとチェーン店の方がこどもが喜んでくれるものが多いと思います。

 

メニューだけをみても、デザートとかだけでも結構な種類ですから。

 

またテレビでのCMなどでおすし=チェーン店の名前がすぐに思い浮かんだり、嫁からすると2回に一回おもちゃ(100円ぐらいかな)がもらえたり、ガチャが引けたりと、いろいろな事をされています。

 

しかも大きな会社なので、広告をうつことも出来ますし、新商品を開発したり、様々な事をやりながらデータを取っていき、検証してから新しいことをされています。

 

まさにPDCAサイクルを実践されています。

 

どんどんお客さんが求めていることを形にされている企業努力は、本当にすごいですよね。

 

チェーン店ではなく、良いすし屋と思たっときには、テレビで紹介されていたあのお店や食べログで高得点のあの店のような選び方をする人が多いような気がします。

 

二極化が進んでしまうのも、仕方のない部分は多いのかもしれません。

 

これは、飲食の業界だけでなく、本業のアパレルでも起こっていて、ヴィトンのようなラグジュアリーブランドでもなく、ユニクロのようにファストファッションブランドでもないので、かなりしんどいです(汗)

 

最近では20代前半の方でもラグジュアリーブランドを購入されているのが目立ちます。

 

またユニクロで買ったことがないという方は、ほとんどいないと思いますが、中間層のブランドで買ったことがないという方は以前よりも増えているのではと感じています。

 

年々、回遊されているお客さんが減っているのは仕方ないと思います。

 

ネット通販も増えているし、郊外にもアウトレットなどの商業施設が増えて来ているので、お客さんはどこで買うのかを選ぶことが出来る選択肢がそもそも以前に比べて多いですから。

 

最近よくテレビで見かけるZOZOTOWNの前澤社長がスモール3という番組でテレビに出られていたけど、20代の頃にワインに30万円を買ったということを言われていました。

 

前澤社長、本人もワインにそんな金額を払うことを考えられなかったと言われていたのを聞いて、思い切って自己投資をされたんだなと感じました。

 

そして自分に対しての投資ってやっぱり大事なんだなと再確認しました。

 

書きたい事を書いてみました。

 

それではまた。

 

僕は本業でアパレル販売員をしていて、将来に不安しか感じなかったので、

副業でYouTubeを使ったビジネスで本業以上に稼ぐ事が出来るようになりました。

YouTubeビジネスは顔出し・声出し無しで全然いけるビジネスになりますので、

副業でも安心して取り組んでもらえます。

学んでいく事で稼げるようになりましたが、僕は全く特別でもないですし、

要領はむちゃくちゃ悪いタイプです。

どんな人でも稼げるので、学んで、実践して稼いでいきましょう、

僕が副業月72万円を達成した過程を下記の記事で公開しています。

副業で月72万円を稼げるようになったタマゴの過程