こんにちは、タマゴです。

 

30代男性の平均の手取り金額は348万円だそうですが、僕はアパレル販売員で月20万円ほどなので、全然違いますね。

 

 

給料の平均はどれぐらい?30代を細かく見てみると

 

手取りでない給料を職業別に30~34歳で並べてみると(万円)

 

建設業 男性494 女性412

製造業 男性431 女性346

 

情報通信業 男性515 女性475

運輸業郵便業 男性429 女性359

 

卸売業小売業 男性458 女性378

金融業保険業 男性614 女性423

 

専学術研究門・技術 男性516 女性451

宿泊業飲食サービス業 男性410 女性341

 

生活関連サービス業娯楽業 男性434 女性357

教育学習支援業 男性515 女性415

 

医療福祉 男性453 女性396

サービス業 男性409 女性352

 

 

この金額から差っ引いたものが手取りになるのですが、比べてみてどうでしょうか。

 

それでは、年齢に関係なく職種によって、どれぐらい給料が変わるのかを見ていきます。

 

 

給料の平均を職業別にみてみると

 

 

給料は職種によってかなり変わってきますが、どれぐらい変わるのかをランキングを見てみると、(万円)

 

 

1位 システムアナリスト 1100

2位 不動産営業 988

3位 金融営業・リテール・FP 916

 

4位 設備設計 880

5位 コンサルタント 851

6位 システムエンジニア 821

 

7位 用地仕入 802

8位 不動産事業企画 797

9位 弁理士・特許技術者 775

10位 営業・企画営業 769

 

 

まだまだランキングは続いていますので、続きが気になるようでしたら、コチラをクリック  

 

 

給料の平均を年齢別にみてみると

 

それでは最後に年齢別で、どれぐらいの違いがあるのかをランキングで見てみると、(万円)

 

1位 40代後半(45~49) 748

2位 40代前半(40~44) 717

3位 30代後半(35~39) 651

4位 20代後半(25~29) 488

5位 20代前半(20~24) 377

 

僕はこの現実を知って、かなりショックを受けたのですが、本業をしながら副業に取り組むことで、年収の差をカバーできるようになりました。

 

 

僕は本業でアパレル販売員をしていて、将来に不安しか感じなかったので、 副業でYouTubeを使ったビジネスで本業以上に稼ぐ事が出来るようになりました。 YouTubeビジネスは顔出し・声出し無しで全然いけるビジネスになりますので、 副業でも安心して取り組んでもらえます。 学んでいく事で稼げるようになりましたが、僕は全く特別でもないですし、 要領はむちゃくちゃ悪いタイプです。 どんな人でも稼げるので、学んで、実践して稼いでいきましょう、 僕が副業月72万円を達成した過程を下記の記事で公開しています。 副業で月72万円を稼げるようになったタマゴの過程