こんにちは、タマゴです。

 

今回は、恥ずかしながら最近のことなのですが、スマホでスクリーンショットのやり方を知ったことです。

 

パソコンやスマホの知識が、これほどまでに少なくても稼げるんだなと思ってもらえたら良いかなと思います。

 

スクリーンショットを使えるようになって、何をしているのかというと、YouTubeを隙間時間に見ていて、思わずクリックしてしまいそうになったものをスクリーンショットして保存しています。

 

いつも僕が言っているリサーチをしているのですが、どの部分に感情を動かされて、クリックしてしまいそうになったのかを学ぶためです。

 

ちなみにスクリーンショットした動画は、数百万、数十万、あと短期間で数万再生されているものでした。

 

僕自身が感情を動かされているものは、YouTubeの視聴者の方々も同じように感情を動かされて、クリックして視聴しているはずです。

 

その保存している動画は、別に文字スクロール動画というワケではなく、とにかく感情を動かされた動画を集めるようにしています。

 

他のジャンルだったとして、学ぶことはできますし、真似をしてみて自分のチャンネルのサムネイル・タイトルで生かすことはできます。

 

成功事例って他の分野でも使えることがあるんです。

 

例えばなんですが、コピーライティングはある程度の成果が出るまではABテストを繰り返すのですが、上手くいけばいじってはダメという基本があります。

 

アパレルのレイアウトも、当たりだしたら変えちゃダメです。アウターが売れているなら、インナーもパンツもシューズも買えません。打ち出している場所も変えませんし、何もいじりません。

 

すると、どんどん当たって売れていきます。

 

そして一定期間が過ぎると売れなくなった時には、また打ち出し方を変えたりと調整をしていきます。

 

コピーライティングも、上手くいかなければ同じように調整していきます。

 

アパレルのレイアウトとコピーライティングでも、成功事例は同じように通用する場合がありますので、YouTube動画のジャンルが違うだけならサムネイルやタイトル付けは取り入れることができる部分が多いと思います。

 

探していると『うおっ!?』これはクリックされても当然だよなと感心してしまうレベルの動画も見つかると思います。

 

その動画を探すことで、稼げそうなジャンル、稼いでいるチャンネル、稼いでいる動画、参考になるサムネイル、参考になるタイトルなど、芋づる式にリサーチをできるようになると思います。

 

本業の休憩中に、YouTubeのトップトップ画面を流していくだけでも、見つかっていきますので、実践してみて下さい。

 

本当にスクリーンショットって、凄く便利ですね。

 

もっと早く知っておけばよかったと思ってしまいましたが、これから活用していけば問題は全くないですね。

 

使って見てくださいね!

ではまた!