こんにちは、タマゴです。

 

今回は中小企業で働く40代・50代の方の年収についてお伝えしていきます。

 

年功序列も最近では崩壊という言葉が出てくるようになりましたが、40代以上は結婚・

マイホームという昭和時代の影響がまだまだ大きいと言われておりますので、どんな変化

があるのかを調べてみました。

 

 

年収の定義について

 

まずは年収というものは1年間に得た金額の総収入の事になりますので、税金などが

引かれる前の金額になるために、手取りの金額は年収よりも少なくなります。

中小企業に関してはコチラ

 

 

平均年収の年代別の推移

 
 

 

 

中小企業の平均年収は40代でいくらか?

 

中小企業の平均年収40代前半は443万円

中小企業の平均年収40代後半は480万円

 

40代の前半から後半になっても、年収は40万円ほどの伸びなので月収で3万円ほど

増えることになります。

 

 

大企業の平均年収は40代でいくらか?

 

大企業の平均年収40代前半は560万円

大企業の平均年収40代後半は622万円

 

中小企業と比べると100万円以上の年収の差があり、40代の後半では中小企業と大企業

では140万円以上の差に広がっています。

 

中小企業も大企業も年収が年々減っているので、今後も年収が減っていくことが予想され

ています。

 

 

中小企業の平均年収は50代でいくらか?

 

中小企業の平均年収50代前半は494万円

中小企業の平均年収50代後半は486万円

 

後半は会社で中心となって働きながらも引退へと向かっていくために、50代前半に比べる

と賃金は少なくなっていく傾向にあるようです。

 

40代後半からの伸びは大きくなく年収で14万円ほど増えるだけですので、40代後半の役職

から変化がない場合が多いようです。

 

 

大企業の平均年収は50代でいくらか?

 

大企業の平均年収50代前半は654万円

大企業の平均年収50代後半は622万円

 

中小企業と同様に40代後半からの年収の伸びは大きくなく30万円ほど増えるようになるも

のの、40代と同様に年収は年々減少傾向にあります。

 

 

今後について考える

 

今後も40代も50代も年収が減っていくことが予想されていて、長く会社に所属していても

給料が上がらないということもあるかもしれません。

 

会社での責任は大きくなり、会社の中心として働きながらも年収は変わらない、むしろ

減ってしまうこともあるかもしれません。

 

もう十分稼いでいるから大丈夫だという方はそのまま進んで頂ければと思いますが、

平均年収よりも年収が全然少ないし、これから不安しかないという方は今後の事も考えていく

必要があると思います。

 

私は本業のアパレル販売員の給料が少なすぎて、本業だけやっていれば何とかなるレベル

ではありませんでした。

 

転職をするか副業をするかの選択肢しかなかったので、本業の傍らで副業を実践して本業を

超える金額を稼ぐようになりました。

 

 

私が実践している副業とは

 

私は副業と言っても、仕事終わりにコンビニでアルバイトのようなものではなくて、

パソコンとネット環境を使ってアフィリエイトという副業をやっています。

 

アフィリエイトにも種類がいろいろあるのですが、その中でもyoutubeを使ったアフィリ

エイトを実践しています。

 

副業のために顔出しや声出しをせずに取り組むことが出来て、参入者がまだまだ少ない

市場になるためにアフィリエイトで有名なブログ等に比べると簡単に稼げて、月100万円

以上を稼ぐ方も少なくありません。

 

会社の給料だけでは不安だという方は、肉体労働のような作業ではありませんので、定年

後の知り合いの方でも稼いでいる方法になります。

 

 

僕は本業でアパレル販売員をしていて、将来に不安しか感じなかったので、

副業でYouTubeを使ったビジネスで本業以上に稼ぐ事が出来るようになりました。

YouTubeビジネスは顔出し・声出し無しで全然いけるビジネスになりますので、

副業でも安心して取り組んでもらえます。

学んでいく事で稼げるようになりましたが、僕は全く特別でもないですし、

要領はむちゃくちゃ悪いタイプです。

どんな人でも稼げるので、学んで、実践して稼いでいきましょう、

僕が副業月72万円を達成した過程を下記の記事で公開しています。

副業で月72万円を稼げるようになったタマゴの過程