ビットコインで税金がかかるタイミングとは?

 

①ビットコインFX、ビットコイン先物、信用取引、レバレッジ取引の場合

買いからでも売りからでも、日本円で利益が出ればその利益分が

課税対象になります。

 

 

②海外でレバレッジ取引の場合

買いからでも売りからでも、利益確定すればその利益分が課税対象になります。

 

 

③現物取引の場合

 

■日本円→ビットコイン

ビットコインが上がった時に日本円に換金して売却益がでれば、

その売却益が課税対象になります。

 

■日本円→ビットコイン→アルトコイン

アルトコインが上がった時にビットコインに換金して売却益がでれば、

その売却益が課税対象になります。

 

■日本円→ビットコイン→海外の仮想通貨取引所(ビットコイン→アルトコイン)

アルトコインが上がった時にビットコインに換金して売却益がでれば、

その売却益が課税対象になります。

 

 

ビットコインの税金計算方法

 

繰り返しになりますが、

ビットコインの取引での利益は雑所得に分類されます。

 

雑所得の利益は

雑所得の利益=収入-必要経費

になります。

 

収入は1月1日~12月31日の1年間の間にビットコインでの利益に

なります。

 

必要系経費として考えられるのは、

パソコン・スマホの代金、電話代・インターネット料金、セミナー費、

 

セミナー参加の交通費、本代、事務用品、取引手数料など

ビットコインで利益を出すために使ったものは必要経費に考えても

問題ありません。

 

税務署からの指摘に説明が出来る内容なら大丈夫です。

 

 

ビットコインの税金っていくら?

 

もう一度確認になりますが、

給与所得以外の所得が20万円以下を下回る時には確定申告を

行う必要はありません。

 

次に1年間のビットコインの利益が100万円だった時の税金を

計算してみます。住民税は一律10%で計算します。

 

■所得税=100万円×5%-0円=5万円

■住民税=100万円×10%=10万円

■税金=5万円+10万円=15万円

 

 

 

所得税の税率は上の表を参考に計算しております。

 

 

ビットコインの税金は…ばれる!?

 

ビットコインに関しての税金は以前には曖昧な部分も

あったようですが、

 

2017年9月6日に国税庁が仮想通貨に対して雑所得として

正式に決定することになりました。

 

確定申告をしていなくても次の年に何もなくても

7年前までをさかのぼって調査されますので、

 

ばれるのかどうかを不安に思いながら生活するのではなく

しっかりと確定申告を行いましょう。

 

脱税の罪は5年以下の懲役または500万円以下の罰金になりますので、

注意して下さい。

 

 

ビットコインの税金対策(逃れ・抜け道)

 

ビットコインは儲かると税金がかかってくることはご存知ですか?

確定申告が必要なケースはいくつかあるのですが、

 

ビットコインでの利益に関しては給与所得・退職所得以外の収入が20万円以上ある

というのが該当します。

 

現在のビットコインによる利益は雑所得という分類になり、

得られる金額によって税率が変動するものになります。

 

 

ちなみにビットコインで課税対象になるのは

 

・売却して利益が出た場合

・ビットコインとアルトコインをトレードした場合

・ビットコイン対象のお店で買い物をするとき

 

そのため税金対策になりそうなのは、

トレードをせずにビットコインを保有していると課税対象にならない

ようにすることが1つです。

 

次に個人事業主として仮想通貨事業として、

必要経費として経費として計上することが出来るそうです。

 

個人事業主は大きく分けて、

白色と青色と別れていてサラリーマンなら白色で十分だと思います。

 

私も今年に白色で確定申告を行いましたが、

全く分からない状態でしたが最寄りの確定申告の会場で教えてもらいながら

無事することが出来ました。

 

青色の大きな特徴は青色申告特別控除という利益から65万円の控除を

受けることが出来ます。

 

白色に比べて複式簿記になるためにかなり難易度は上がるようです。

 

さらに毎年20万円に届かないように現金に交換していくことで、

可能な方法ではあるのですがビットコインの値動きがかなり大きいので

保有し続けるリスクは伴う方法です。

 

最後にふるさと納税を利用することで、

特産物をもらいながら税金対策も出来る方法もありますので参考に

してみて下さい。

 

 

ビットコインの購入はコインチェックがオススメ!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

ビットコインの税金は利益20万から確定申告!(まとめ)

 

ビットコインの取引所は本人確認もしておりますし、

履歴もしっかり残っておりますので

 

年間の利益(必要経費等を引いた)が20万円を超えるなら

しかっりと確定申告をして下さい。

 

会社員の方なら個人事業主になることも選択肢の1つに

なっています。

 

税務署に行くと驚くほど簡単になれますので、

会社名だけ考えておくとスグに申請をすることが出来ます。

 

税金対策として、

ふるさと納税などを使うことで特産品をもらいながら

税金を減らせるのでやってみるのはオススメです。

 

最後にビットコインを買ったり保有している段階では、

課税対象になりませんので「お金・モノ」に変えなければ

納税の必要はありませんので覚えておいて下さい。

 

私は副業でYouTubeを実践して月72万円を稼いでいて、

その余剰資金で仮想通貨での取引をやっておりますので

下記のメルマガを登録して頂くことで稼ぎ方をお伝えしております。

興味がありましたら登録よろしくお願いします^^

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓