YouTubeのカード機能って知っていますか?

パソコンはもちろん、アノテーションが表示されないスマホでも表示が出来るのが特徴です。
最近ではアノテーションよりも終了画面をYouTubeさんがおすすめしているので、アノテーションは今後無くなっていく可能性もあるかもしれません。

 

 

目次

  • カード機能の説明
  • タマゴのカード機能の使い方

 

 

カード機能の説明

YouTubeを見ているときにこんな表示を見たことはありませんか?

出典:YouTube

 

右上のマークです。

これがカード機能です。クリックすると

 

 

出典:YouTube

 

こんな表示が出てきます。
カード機能からは1動画あたり最大5枚まで選択することができます。

さらに表示されるタイミングも選ぶことが出来るので、効果的な時間を選ぶことが出来ます。
歌手の方なら、カード機能から購入先にリンクを飛ばすことが出来ます。

おすすめチャンネルを紹介したりと様々な使い方が出来ます。
スマホでYouTubeを見ていると、インパクトがあるのでかなり効果的です。

アノテーションが使えなくなる可能性もあるので、しっかり使っていくべきです。

 

 

 

タマゴのカード機能の使い方

僕のカード機能の使い方は再生リストを選んでいます。

実際にカードは2枚使っています。
枚数に関しては、まだ検証できていないのでより効果的な方法があればお伝えします。

 

 

実践して効果のあった方法をお伝えします。

まず、自分のチャンネル名の再生リストを作成します。
その再生リストにチャンネルの全ての動画を入れていきます。

次にYouTubeサジェストキーワード(3語以上)をタイトルにして、もう1つ再生リストを作成します。
その2つの再生リストをカード機能で誘導を行います。

このカード機能の主な目的は、ユーザーに自分の他動画を1つでも多く見てもらえるように再生リストに誘導しています。

 

 

アクセスを逃がさないようにして、自分のチャンネル内でぐるぐる回ってもらうことが目的です。

なので、より関連の強い動画や再生リストがあるならよりユーザーが満足してくれるようにカード機能を使うことが重要です。
ユーザー視点が最も重要なので、作業の1つをとってもユーザーが満足してもらえるようにチャンネル運営していくことを意識してください。

 

 

僕がYouTubeを見ていて、カード機能で上手いタイミングだなと感じた動画があるので見てください。後半の部分なんですけど、最初から見たほうが分かりやすいと思います。

 

 

 

 

最後に私がyoutubeを使って副業で月72万円を稼いでいる方法をメルマガでプレゼント

しておりますので、興味がありましたら、ご登録よろしくお願い致します^^

もちろん無料で、プレゼントもご用意しています!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓