こんにちは、タマゴです。

youtubeアフィリエイトを実践していて、稼げない=再生回数が少ない

ということが悩みの方が多いと思います。

 

実際に私もyoutubeで稼げなかった時には、動画をアップロードしても

再生回数が1桁や2桁の動画ばかりでした・・・一体何動画アップロード

すれば稼げるんだ?と思っていました。

 

再生回数が少ない悩みを解消する7つの方法をお伝えします。

 

 

ネタ

まず最初に大切になるのがネタになります。

 

youtubeは動画を視聴する人とアップロードする人が大きく異なり、

需要と供給のバランスが取れていない、アップロードの供給がまだまだ

足りないのが現状になっています。

 

そのため市場規模の割合に比べて参入者が少ないために稼ぎやすいと

言われているのですが、それでもどんな動画でも再生されるのかと

聞かれると需要がないネタもあります。

 

ネタを決める時に意識をしてもらいたいのが、再生されている動画は

どんな動画なのか?を調べることが必要になってきます。

 

youtubeは分かりやすく、再生回数が表示されているので再生回数が多い動画は、

 

①チャンネル登録者が多い

②チャンネル登録者が少なくて、運営歴も短い

 

ざっくり分けると2種類のパターンがあると思っています。

 

 

①チャンネル登録者が多い

 

すでにファンが多いので、再生されている可能性がありますが、

そのチャンネル内の他の動画と比べて明らかに再生回数が多い場合は

 

チャンネル登録者以外の視聴者が再生する行動をとっている(動画をクリック)

動画になるので参考にしましょう。

 

 

②チャンネル登録者が少なくて、運営歴も短い

 

こちらの場合は多くの場合が、関連動画に表示されて視聴者が気になって

動画を再生した動画になります。

 

まだチャンネル自体に力もない状態で、再生回数が多い動画なのでしっかりと

参考にしましょう。

 

 

サムネイル


引用元:HikakinTV

 

サムネイルはご存知かもしれませんが、説明をさせて頂くと動画を見る時に

表示されている画像になります。

 

サムネイルは動画をアップロードした時に動画内の画像が設定されているのですが、

自分で作成した画像をサムネイルとして設定することが出来ます。

 

まず、サムネイルを作成していなかったなら絶対に作成をして下さい。

 

有名なyoutuberの方のチャンネルをチェックすると全員されていると言っても

言い過ぎではないと思います。

 

それだけサムネイルは重要です。

 

youtubeを始めてチャンネル登録者が少ない時には関連動画からのアクセスが80%を

超えてきますので、関連動画に表示されている時に一番最初に目に止まるのが

サムネイルで動画の顔になっています。

 

関連動画を見て頂くと分かると思いますが、意外とサムネイルは小さいので

文字が小さかったり・見えにくい色だったりすると全く意味がありません。

 

小さい画像でも視線を引き付けるインパクトを出すことを意識することが

大切です。

 

良くやってしまうことサムネイルで動画の内容が全部わかってしまうと視聴者は

『見なくてもいいや』となってしまうので上手く隠すことも覚えておきましょう。

 

 

タイトル


引用元:フェルミ研究所

 

関連動画からのタイトルは28文字しか表示されませんので、28文字以内に伝えたい

ポイントをしっかりと盛り込むようにしましょう。

 

タイトルは関連動画に表示されて、サムネイルで止まった後にタイトルを確認して

動画がクリック(再生)されるかどうかが決まってきます。

 

最初の28文字が勝負なので、再生回数が多い動画がどんなタイトルになっているのか

紐解いていくことをしてみましょう。

 

再生回数が多い動画に共通する語句があったりするとも思いますので、その語句を

集めてノートなどにまとめて、自分の動画に使ってみるのもオススメです。

 

 

説明欄

 

ライバル動画の関連動画に表示されやすくするために、説明欄に関連動画として

ライバル動画の動画タイトルと動画URLを明記することで、

 

自分の動画の説明欄から、ライバルの動画が再生された場合にyoutube側は

関連性が強いみたいだから関連動画に表示してみようと思ってくれます。

 

さらに自分の動画をまとめた再生リストを作って、説明欄に明記することで

再生数は増やすことが出来ます。

 

 

カード

 

yotubeにはカード機能というものがあり、動画の途中で別の動画や再生リストに

誘導することが出来ます。

 

カード機能の効果的な使い方は、自分の動画(動画A)のアナリティクスで平均再生

時間を調べて、動画Aの平均再生時間の手前にカードを設置することで、

視聴者が離脱する前に別の動画や再生リストに誘導することです。

 

せっかく動画Aを見に来てくれた視聴者を自分のチャンネル内の動画でぐるぐる回って

くれれば再生回数を増やすことに繋がります。

 

 

終了画面

 

終了画面は動画の最後の5~20秒の間に表示されるもので、動画や再生リスト・

チャンネル登録ボタンを設置することが出来ます。

 

動画を最後まで見てくれる視聴者なので、しっかりと設置して他の動画や再生リスト

を見て頂いたりチャンネル登録をしてもらえるようにしましょう。

 

調べていくと、チャンネル登録を促しているチャンネルを見かけることが多いのは

ちゃんとお願いすることはかなり効果が高いためです。

 

 

トレンド

 

ネタのジャンルによっては再生回数が伸びにくいために、チャンネルが育ちにくい

ケースがあります。

 

もしトレンドが生まれていてネタとして使えそうな時にはトレンドを意識して、

動画を作成することでチャンネルへの入り口になって再生回数を伸ばすことが

出来るようになります。

 

トレンドから長期的に再生される動画や再生リストにアクセスを流すイメージを

持って頂きたいと思います。

 

しっかりとチャンネル運営をしていても、視聴者が存在も分からなければ再生回数は

少ないままなので入り口が必要だと覚えておきましょう。

 

 

最後に

 

youtubeで動画をアップロードしても再生数が少ない場合には、上記の7点を一度

見直してチャンネル運営に取り入れていって下さい。

 

大切なのは視聴者の目線とyoutube側の目線を意識して、youtubeで人気のある

動画・チャンネルを調べていくことで、再生回数を増やすことに繋がっていきます。

 

youtubeは多くの情報が丸見えになっておりますので、その情報を生かして再生回数を

増やしていきましょう。

 

 

youtubeの稼ぎ方で興味があれば、プレゼントもご用意しておりますのでメルマガ登録を

宜しくお願い致します。

 

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓